ドレスアップ正面
弊社が手掛けるブランド「brado(ブラード)」は、インテックの車種別パーツブランドとして国産スポーツモデルを中心さまざまなドレスアップ&チューニングパーツを取り揃えています。そのブラードが車種別の中で、もっとも力を入れてパーツ開発を行っているのがトヨタの86。

多くのクルマがFF化していく中、FRのパワートレーンを採用して走る楽しさを全面に押し出したトヨタ86がデビューしたのは平成24年のこと。
GT-Rや当時のランエボ、インプレッサのようにターボによる強烈な加速感が味わえるクルマではないが、トヨタの狙い通りワインディングやサーキットで軽快な走りが楽しめるスポーツモデルに仕上っています。
デビュー以降、各メーカーから、トヨタ86のエンジン/足回り/ボディを刺激するさまざまなドレスアップ&チューニングパーツがリリースされていますが、ブラードもこの激戦区に高性能なパーツを送り込んでいます。そして今年新たに制作したのがこのエアロパーツです。

86用のエアロパーツは、冷却性の高い大型開口部とアグレッシブなデザインが魅力!
ドレスアップ後方

プログラムはフロント/サイド/リヤのオーソドックスな3点キット。ブラード初のエアロパーツながら純正フォルムを一新した大胆なバンパータイプを採用しました。
そのデザインは空力や冷却性にウエイトを置いた性能重視の仕様。闇雲に各部を大型化してレーシングカーチックにデコレイトした見栄え重視のエアロパーツではありません。
フロントとリヤには大型のエアダクト/エアアウトレットを配置して冷却性を高め、3点のパーツすべてにエッジを張り出した共通のデザインを採用することで、純正ボディとの一体感を強めています。
このデモカーは後期ですが、フロントバンパーはウインカーランプを配置する前期用もあります。

また縦型フィンのディフューザーを加えたアグレッシブなリヤバンパーは純正マフラーにも対応したデザインとなっています。
マフラー開口部を大きくしているのでアフターメーカーの大口径スポーツマフラーとのマッチングも申し分ありません。